NPO日本みつばち保存会BBS

309046
みつばちの飛ぶ環境をめざして
名前
件名
メッセージ
画像
メールアドレス
URL
文字色
編集/削除キー (半角英数字のみで4~8文字)
プレビューする (投稿前に、内容をプレビューして確認できます)

無題 - hau

2017/08/23 (Wed) 02:17:16

AKI静岡さん、コメントありがとうございます。

〉蟻酸を自ら行おうと判断された方はご自身で色々勉強されると思います本当にアカリンダニかの判定も必要です。

〉同じく同サイトで蟻酸の瓶を載せて初心者の方に安易に進めている方のほうが疑問を感じますね。

あくまでも処置者の自己責任範囲のもとで、そのやり方が良いですね。特にギ酸溶液を使う場合には、その取扱い危険性を周知徹底しなければ、他人に薦めるのは、もしものとき道義上の責任が生じます。

個別事例に、未承認薬剤名や商品名など一般公開掲示すると厳密には薬事法に抵触するようで、未承認薬剤を使う場合には獣医師の処方、指示・指導に依ることが必要のようです。
私たちは所属チームごとそうしています。

チモール薬剤については、2017輸入認可のUK製剤を使っています。2017秋には、ah&ns社(フランス)の「チモバール」製品プロダクツ・スイスが承認薬剤登録されるかも知れません。これは同日本支社から直接伺っている情報で確かなものです。

「蟻酸の瓶を載せて初心者の方に安易に進めている」は、
その個々の人物固有の自己顕示欲と無知・無責任ぶりからだろうから、そういう奴に注意を促しても止むことは無いでしょう・・・。解釈と実践経験乏しい癖に、屁理屈並べ立てる奴は面倒っぽくて関わりたくないこともあり、そこに登録している訳でもないし、あまりその公開サイトは訪問しません。
今回たまたま、覘いて「飼育者現場も漸くここまで来たか」の強い共感があったわけです。

メントール処理療法の欺瞞 - hau

2017/08/19 (Sat) 15:36:00

最近、どこかの初心者向けWebサイトに、以下の回答コメが寄せられていました。

「感染が確認できた群れにメントールを入れても、メントールに治療効果はありません。治療効果を期待されるのなら、・・・・」

ここに至るまで、どれだけの紆余曲折を経てきただろうか?。
メントール処理・療法を「強く推奨」してきたどこかの研究員氏は、これまで「メントールに駆除効果がある」と確信をもって言い切ってきました。

メントールには、昆虫類に対する忌避効果を発揮するが、揺るがない従来からの定説です。推奨投与量30gなど、とんでもない多量投与であり、蜂群逃去か蜂群崩壊の原因を与えるだけです。
この常識外の多量投与に慣れた感染群では、アカリンダニもまた強い薬剤耐性を持つと言うことであり、その結末は「蜂が壊れる(蜂群崩壊)」に至ります。

アカリンダニ先進国アメリカ・カナダでは、すでに20年も30年も前から、メントール投与は蜂が壊れる(蜂群崩壊)と言われ、アカリンダニ感染脅威がなくなった現在では、バロアダニ対策としてチモールとギ酸・シュウ酸を使う蜂蜜残留の少ないオーガニック療法に執って代わっています。

メントール処理は、蜂群忌避と蜂蜜残留に影響を与えない程度の、感染予防剤として10g以内を強く推奨します。

「メントール処理30g」を強く推奨してきた研究員氏は、現状この件に沈黙状態だが、今後どのような醜い言い訳をするだろうか?。先進的二ホンミツバチ飼育者のなかでは、この飼育現場の実証確認は益々明らかになるでしょう。
国立系研究員として職を食む者が、化学的知見と実証実験研究を経ないまま主観的見地を拡散するなど、とんでもない欺瞞的行為でしかないでしょう。

Re: メントール処理療法の欺瞞 - つばき

2017/08/22 (Tue) 21:14:47

>メントールには、昆虫類に対する忌避効果を発揮するが、揺るがない従来からの定説です。
ハチノスツヅリガの幼虫はメントールを入れたお茶パックの真横で糸を張って暮らしていました。

>アカリンダニ先進国アメリカ・カナダでは、すでに20年も30年も前から、メントール投与は蜂が壊れる(蜂群崩壊)と言われ、
ソースをお願いします。

>現状この件に沈黙状態
発言しています。論文はWebで見付かります。

ここで言うオーガニックとは、どのような意味で使われているのか勉強不足故存じませんが…
日本では有機栽培やその農法で採れた作物を指す方がメジャーですが、高校で学ぶように、有機化合物と理解すれば、メントールもオーガニックですね。

>バロアダニ対策としてチモールとギ酸・シュウ酸を使う

養蜂業界で御高名な獣医師の見解では下記のような発言をされていました。

「シュウ酸は毒物及び劇物取締法により劇物に指定されている物質で取り扱いが半端ではない」
「ギ酸についても非常に毒性が強くて取り扱いが難しい。シュウ酸、ギ酸、どちらも強い臭いを発し、その効果はせいぜい70数パーセントぐらい」
「チモールも同じで使い方が非常に難しい。しかも蜂に対する影響がかなりあり、気象条件や群の規模、寄生率によって、その影響が目立つ場合がある」

厚生労働省 「職場のあんぜんサイト」の、化学品の危険有害性を世界的に統一された一定の基準に従って分類された
「化学品の分類および表示に関する世界調和システム(GHS)」に基づいた化学物質情報では、

ぎ酸
http://anzeninfo.mhlw.go.jp/anzen/gmsds/64-18-6.html
しゅう酸
http://anzeninfo.mhlw.go.jp/anzen/gmsds/0595.html
チモール
http://anzeninfo.mhlw.go.jp/anzen/gmsds/89-83-8.html
メントール
http://anzeninfo.mhlw.go.jp/anzen/gmsds/2216-51-5.html

ギ酸、シュウ酸、チモール、そしてメントールがどのような物質であのるか、この様にググれば一目瞭然なように、メントール以外は”危険物質”です。
なので、獣医師あるいは研究者の指導の下での使用ならともかく、安易にお勧め出来る物質ではないと考えます。

疑問に思う事があるのなら問い合わせ、確認するとよいのではないでしょうか?手紙、メール、ブログ、掲示板、SNSと門戸は開いています。
私のように実際にお会いしてお尋ねするって手もありますよ。各地のオフ会で講演をされてました。直近では岐阜で行われます。今後もそのような機会があるでしょう。

Re: メントール処理療法の欺瞞 - 888@24宮城

2017/08/22 (Tue) 21:19:50

>「感染が確認できた群れにメントールを入れても、メン  トールに治療効果はありません。治療効果を期待され  るの なら、・・・・」

私のところでは、十分に効果がありましたが。

hauさんのおっしゃる

「推奨投与量30gなど、とんでもない多量投与であり」
より多い、35gの投与を3年間行っておりますが、
いまだに、逃去や蜂群崩壊は皆無です。

>アカリンダニもまた強い薬剤耐性を持つと言うことであ り

裏付けはありますか?

hauさんこれだけ確信的におっしゃられているということは、「化学的知見と実証実験研究」は十分に行ったうえでのご意見ですよね。

私のところの実情とだいぶかけ離れたご意見ですので、
一応確認のため。

Re: メントール処理療法の欺瞞 - AKI静岡

2017/08/22 (Tue) 22:40:37

当時、静岡OFF会で講演を聞きました。
「おすすめできるのはメントール、蟻酸シュウ酸を使用した駆除法もあるが危険、扱いが難しい為推薦しない」
と言われていました。

この年蟻酸施工で良い成果が出た年なので蟻酸に触れないのは残念に思った記憶があります。

私も同じ事してました。成果はありましたが周りにはメントールを薦めていました。

危ないです、手に付くとヌルヌル、早く洗い流さないと痛くなるし蟻酸をなんて言えません。

当時はアカリンダニで壊滅的な状況の中、どーしても何とかしたいと思った方が実験的に施工していたと思います。
私もさるお方を見習い施工した一人です。

今現在では獣医師処方のもと蟻酸パテ、比較的安全に施工できる物が出ています。

メントールは私自身はダメでしたが周りの地域の方は888@24宮城さんと同じく良い成果を出してします。

蟻酸を自ら行おうと判断された方はご自身で色々勉強されると思います
本当にアカリンダニかの判定も必要です。

同じく同サイトで蟻酸の瓶を載せて初心者の方に安易に進めている方のほうが疑問を感じますね。

湯煎 - 蜂之丞 URL

2017/08/04 (Fri) 12:15:33

冬の室内低音で結晶したハチミツ
湯煎して溶かしましたが、中々、融けません。
お湯の温度を60~65度に調節しながなので、時間がかかりました。
皆さんは、どのようにしていますか?
良い方法があったら、教えて下さい。

Re: 湯煎 - 越後ものずき

2017/08/04 (Fri) 20:27:16

蜂之丞さん
結晶化した蜂蜜を湯煎で溶かしたことはありませんがなかなか溶けないでしょうね。
私は冬の間は発泡スチロール箱にミニホットカーペットを敷いてその中に蜂蜜を入れていますから結晶化することはありません。今度の冬はお試しあれ。
蜂友の話では結晶化したハチミツ容器をそのまま上記の箱に1週間~10日程入れておくとほぼ溶けるとのことですよ。
急ぐときは無理かもですがね。

Re: 湯煎 - 蜂之丞 URL

2017/08/04 (Fri) 21:27:37

越後ものずきさん

ミニホットカーペットって、電気で温めるってことですか。
幾つも必要になりますね。
大きな発泡スチロールの箱に何本も入れてる訳ですか。
ひと冬 通電したままですか。

Re: 湯煎 - 越後ものずき

2017/08/05 (Sat) 19:18:02

蜂之丞さん

昨年11/11の私の投稿に発泡スチロール箱とミニカーペットを
使った蜂蜜の保存方法が書いてありますからそちらをご覧ください。

Re: 湯煎 - 蜂之丞 URL

2017/08/05 (Sat) 21:22:58

越後ものずきさん

11月11日のコメント 参考になりました。
やはり蜂蜜によって、結晶する場合と結晶しないことがあるのですね。
実は、今までは、堀ごたつに入れて置くと結晶することはなかったので、湯煎して溶かすこともありませんでした。

ビービーツリー満開 86net URL

2017/07/28 (Fri) 20:03:59

1週間ほど前から開花しました。
今日はあたかも分蜂かと間違うような蜂数が訪花してきています。

Re: ビービーツリー満開 86net URL

2017/07/28 (Fri) 20:05:49

和洋そろいぶみ。

Re: ビービーツリー満開 86net URL

2017/07/28 (Fri) 20:09:11

樹齢50年、直径40センチ、高さはゆうに10メートルを超える大木が5本です。
全体画像、今日は曇りでバックの八ヶ岳は映りません。

Re: ビービーツリー満開 - 越後ものずき

2017/07/29 (Sat) 16:49:02

86netさん
見事な大木で羨ましい限りです。
我が家の木がこのようになるには40年以上かかりますから無理ですね。
50年も前に蜜源樹として植えた方もスゴイです。

Re: ビービーツリー満開 86net URL

2017/07/30 (Sun) 04:55:00

越後ものずきさん、

その頃ここでは春から秋まで養蜂家が50群程の洋蜂を管理していました。
その方が植えたものと思います。

他に5本は何回も伐採され3.4メートルの高さで止まっています。
7年ほど前この付近の森一帯を全部伐採致しました。
その頃にはビービーツリーと分かっていましたので地主にお願いし、比較的まとまった大きな木の5本を残して頂きました。
種は9月半ばに落ちますが今まで一向に生えてきていませんので雄の木が1本もないのではと推察しています。
数年前種を採取し3回播いてみましたが全然生えてきません。
根ふかせで簡単に増やせると聞きます。

昨年は今年から見ますと五分の一ほどの開花でした。
どうも隔年で花が沢山付く様子です。
自宅から100メートルの距離に有効な蜜源、半世紀前に植えて頂いた方に感謝です。

Re: ビービーツリー満開 - 蜂之丞 URL

2017/08/01 (Tue) 21:20:22

古木になると、こんなに沢山の花が付くんですね。
我が家のビービーツリー 余り大きくなると隣の田んぼに差し障りが有るので枝打ちうをしてました。
この様な花が咲くまでには何年係るのでしょう。

ビービーツリー - 蜂之丞 URL

2017/07/12 (Wed) 13:56:27

我が家のビービーツリーに花が咲いていました。
屋敷林の杉を切り倒した後に2本植えてあるのですが、花芽が2つ付いています。
写真は、2階の窓から移したので、ミツバチが訪花しているかは確認できません。

Re: ビービーツリー - tamari

2017/07/23 (Sun) 11:01:23

蜂之丞さん お久しぶりです。

開花お目出とうございます。私も4~5年前に、種を貰って100個以上蒔きましたが、発芽率が極端に悪く、1本発芽して、それを鉢植えしてましたが、今年の春でも130~140cm位にしか成長せず、借りてる里山へ許可を貰い、移植したら、今年伸びた分が1m以上、まだ伸びそうなので、来年は開花するかな?と思っています。

Re: ビービーツリー - 蜂之丞 URL

2017/07/24 (Mon) 21:07:50

tamariさんへ

このビービーツリーは、苗で頂いたもので、2本だけイグネの杉の木を切った後に植えたものです。
移植した後に残った根から芽が出てきて、増やすには、種をよりも根伏せの方が簡単なように感じました。

Re: ビービーツリー - tamari

2017/07/25 (Tue) 04:53:05


「根伏せ」ですか? そう言えば、ずっと以前どこかで見かけたような気がします。私の場合は、自分の土地はなく、借りてる里山に地主さんの許可を貰ってなので、なかなか思うようにはいきません。取り敢えず今回移植したものが、今は3m以上に伸びてきましたので、毎日見上げながら楽しんでいます。幹が細くて、根元でも直径3cmない位で頼りなく、支えはしてるものの上の方はちょっとした風でもなびいています。折れなきゃいいがと心配するほどです。(^_^; 来年、貴殿のように開花を報告出来れば上々です。

満員ですか? - 農夫な漁師

2017/07/11 (Tue) 21:05:17

夕方外勤蜂が帰ってくると、
沢山の蜂が巣箱に入りきれないのか巣門前に張り付いています。
巣箱は、既に5段積んでいます。
最上段を採って、継箱をしたいと思います。

Re: 大失敗 - 農夫な漁師

2017/07/12 (Wed) 21:08:10

本日、5段の最上段を取り込み継箱をしました。
その際、大失敗。巣箱をひっくり返してしまいました。
積みなおしたのですが、最下段の巣板が落下。
その後、蜂たちが巣箱に入ってくれません。
途中の巣板もぐちゃぐちゃなのか?
明日もこの状態だったら吸引して整理しようと思います。

Re: 満員ですか? - die_Biene_東松山

2017/07/12 (Wed) 23:19:34

                2017年7月12日
農夫な漁師様
 外にいる蜂の数からすると超がつくほどの強群ですね。厄介なことになりましたね。
 巣板が落下すると蜜が垂れ落ちて底板の上に溜まります。溜まった蜜は巣門から流れ出ることになるので、蜂は巣門を通ることができず中に入ることができません。落ちた巣板を撤去し、底板を清掃してしばらく様子を見てから対策を考えてはいかがですか。

 通常時に多くの蜂が巣箱の外に出ているのは、巣箱の内容積というより巣箱内の温度が上がりすぎないようにするためです。巣箱内の温度が高くなると巣門付近に並んで旋風行動をしますが、それでも温度が上がりすぎる場合には熱源としての蜂自身が巣箱の外に出ます。十分に換気することができれば、多くの蜂が外に出ることはありません。下から上への空気の流れが重要です。具体的には
 ① 底板の一部(10㎝×10㎝)を切り取り網を張る。
 ② 天板(内蓋)に隙間を開ける。・・・スノコ状
 ③ 外蓋の一部を切り欠いて網を張る。
上記の①~③で下から上への空気の流れ(換気)が可能になります。
                 die_Biene_東松山
 

Re: 満員ですか? - 越後ものずき

2017/07/13 (Thu) 20:03:59

私も失敗ばかりですがそれも一つの経験と思っています。
少し手間が掛かりますが三脚、ホイストロープを使うと今回のようなことが少なくなるのでは?でも場所的に無理なのかな?

巣門前の蜂がに横1列に並んで中に風を送っています。
巣箱の中が暑いのでしょうね。

私は底板部分を全面金網にしていますので下から上に空気が流れますからこのような事はまずありません。

Re: 満員ですか? 86net URL

2017/07/13 (Thu) 20:25:26

農夫な漁師様

2枚目の写真はチョトですな。
あたしの地域ではこうなるとまず巣落ちを疑います。

外にあふれる程の群れは強群の証拠ですよ。
もうすぐ梅雨が明けます、採蜜には最後のチャンスです。
真夏日の期間は巣箱に触らぬに限ります。

Re: リカバリー - 農夫な漁師

2017/07/13 (Thu) 20:41:41

本日9時ごろ、ついに飛び立ちました。
幸い30m程離れた我が家の木蓮の木に蜂玉を作りました。
吸引捕獲して、以前の場所に巣箱を変えて収容できました。
昨日、今日、たっぷりと汗をかきました。
 皆様ご指導ありがとうございました。

Re: 逃去されました - 農夫な漁師

2017/07/17 (Mon) 21:30:02

13日に再収容出来た群れが、本日逃去していました。残念です。
添付画像は逃去群から4月25日に分封した群れの底板下の画像です。
蜂の数がやけに増えているように見えます。
暑さ対策で天蓋中央の一枚を外してあります。
暑くて外に出ているのか?まさか逃去群が合流しているのか?
どうするべきか?会員各位のご教授をお願い致します。

Re: 逃去されました - 農夫な漁師

2017/07/18 (Tue) 09:12:32

今朝の確認では、底板下の蜂たちは全て巣箱の中に入ったようです。

Re: 満員ですか? - hau

2017/07/19 (Wed) 19:13:48

〉暑くて外に出ているのか?まさか逃去群が合流しているのか?

自然に蜂群合同することは、大いにあり得ると思います。
また、逆に分蜂群が巣箱内で、新女王蜂(長女)を擁した居残り群と対決して、多数の犠牲蜂を出すこともあるようです。

周辺地域に棲息する蜂群は、あらかじめ互いの存在を認識していて、働き蜂同士の交流があるとみて良いと思います。
したがって、巣箱移動の際に出る「迷い蜂」や外泊蜂なども、野垂れ死にすることはなく、周辺群へ吸収されると観るのが妥当だと思います。
蜂は群を標すゼッケンをつけていないので、人の眼には解らないだけでしょう。

日本ミツバチを飼いたい。 - 西勝

2017/06/30 (Fri) 20:55:42

数年前から日本ミツバチを飼ってみたくて。
なかにか、日本ミツバチと巡り合う機会が無くて今に至ってます。
シーズンは少し遅く成りましたが、何とか今年中に飼ってみたいです。
待ち箱もセットしてますが、少し場所が悪いのか・・・・。

Re: 日本ミツバチを飼いたい。 - 風車

2017/07/02 (Sun) 10:39:45

西勝様
ここ数年自然巣が減少して来ているのは間違えありませんね。
待ち箱はどのような所に設置しておられるのですか、詳細を記してアドバイスを仰いでみてはいかがでしょうか。
これからですと夏分蜂そしてスズメバチに追われた逃去群れですね。
頑張ってください。

Re: 日本ミツバチを飼いたい。 - 西勝

2017/07/06 (Thu) 12:04:28

風車さんありがとうございます。
とりあえず、いくつかおいて頑張ってみます。
場所はあまり良く無いとはおもいます。
海に近く10km位の松林と砂浜で所々に雑木林の山があります。
その雑木山に待ち箱をセットしました。
そんな感じです。

ビービーツリーの花芽 - die_Biene_東松山

2017/06/20 (Tue) 21:03:47

                2017年6月20日
 一昨年(2015年)の12月に蜂仲間からいただいたビービーツリーの苗木を蜂場兼農地のシンボルツリーとして植えました。4本が3mほどの高さに成長しています。そのうちの1本にたった1房だけ花芽がつきました。1房での集蜂効果はあまり期待できませんが、開花が楽しみです。
 来年はもっと多くの開花を期待しています。
               die_Biene_東松山

Re: ビービーツリーの花芽 - 越後ものずき URL

2017/06/23 (Fri) 20:46:20

我が家では2~3年前からBBツリーが開花し始めましたが期待していたほどの(羽音で賑やか)訪花はないようです。

Re: ビービーツリーの花芽 86net URL

2017/06/29 (Thu) 07:22:14

東松山さん、
今年のビービーツリー花芽は当たり年の様子です。
すべての新芽に花が付いております。
どうも隔年で大量の花を咲かせます。
こちらの開花は7月の後半です。

蟻酸パテ投与群 - 蜂之丞 URL

2017/06/20 (Tue) 09:33:27

冬越しはしたが、アカリンダニ感染して衰えていた群に蟻酸パテを投与して、ここまで回復してきました。
巣板も伸びてきているので、一安心という所でしょうか。

ここまで来たら、蟻酸パテからメントールクリスタルに替えて良いだろうか?

Re: 蟻酸パテ投与群 86net URL

2017/06/20 (Tue) 15:17:25

蜂之丞さん、
約一月を超えて入れていれば、ダニは消滅してると思います。
これからは気温が高くなりますので気化するのが早くなり気を付けてください。
夏はギ酸パテは20日ほどでカラカラとなり、効果が得られなくなりますので一度パテを入れたらメントールに切り替えると3ヶ月は効果得られます。
心配なら感染率検査をする事ですね。

Re: 蟻酸パテ投与群 - 蜂之丞 URL

2017/06/20 (Tue) 20:27:51

86netさん

蟻酸パテの乾燥状態を確認するのを忘れてました。
メントールクリスタルを投与してみます。
今年は、すべての巣箱にメントールクリスタルを投与しています。

第一分蜂群から雄蜂 - 農夫な漁師

2017/06/10 (Sat) 21:40:34

4月16日に取り込んだ第一分蜂群から、数日前に雄蜂が現れました。
孫分封の予兆でしょうか。
この時期の孫分封は、喜ぶべきか否か?

Re: 第一分蜂群から雄蜂 - 888@24宮城

2017/06/10 (Sat) 22:25:14

農夫な漁師さん

>孫分封の予兆でしょうか。
 この時期の孫分封は、喜ぶべきか否か

増群がお望みなら、喜んでいいと思いますよ(^-^;
秋までには、十分群として育ってくれて、
採蜜も可能でしょう。

ただ、画像で見る限り、雄蜂のサイズが、働きバチと
同じぐらいに見えます。雄蜂の出現時期的に、
無女王での、働きバチ産卵の可能性も否定できません。

かくいう我が家でも、先日、雄蜂だけの時騒ぎが
ありました。4/26に取り込んだ第二分蜂群
だったのですが、5/26の内検で、すでに
働き蜂産卵が確認されていました(´;ω;`)ウゥゥ

農夫な漁師さんのところは、第一分蜂とのことなので、
女王は既交尾女王だったと思います。
もし、無女王なら、取り込み時の失敗が考えられますね。
働きバチのお尻の黒テカリはないですか?


Re: 第一分蜂群から雄蜂 - hau

2017/06/11 (Sun) 14:42:36

>この時期の孫分封は、喜ぶべきか否か?

第一分蜂から1,5ヶ月経過しているので、この時期次の分蜂があるのは普通のことですね。

分蜂すれば飼育群数が増えるが、採蜜収穫はその分だけ失うか遅れることになります。セイヨウミツバチ養蜂では、限られた集蜜期の分蜂は蜂蜜収量に大打撃を与えるので、これを防ぐ飼養マニュアルが大切です。

Re: 第一分蜂群から雄蜂 - 農夫な漁師

2017/06/11 (Sun) 21:09:16

888@24宮城さん、hauさん
 早速のご教授ありがとうございます。

>働きバチのお尻の黒テカリはないですか?
本日午後、働き蜂の様子を観察しましたが、普通だと思います。

>飼養マニュアルが大切です。
蜂の飼養技術も持ち合わせず蜂任せの養蜂?です。

結局のところ蜂任せにする以外選択肢が無いと思っています。
竹製の石みの集蜂板?を設置しました。

Re: 第一分蜂群から雄蜂 - 越後ものずき

2017/06/12 (Mon) 08:33:58

農夫な漁師さん

>結局のところ蜂任せにする以外選択肢が無いと思っています。
私もコントロールができないので蜂任せにしています。
ただ、無王になった群れは蜂本来の寿命を全うさせてあげたいので新聞紙合同しますが・・・

孫分蜂があればきっと石みの集蜂板に集まってくれると思います。楽しみですね。


Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.